【保存版】後払いアプリ・サービスを利用してピンチを脱出しよう!|特徴や審査情報もご紹介☆

皆さんは、実店舗やインターネットでのお買い物の際に、アプリやサービスなどで後払い決済が利用できる事をご存知ですか。
「給料日前でお金がピンチ!」「お財布を忘れてしまった!」「クレジットカードの限度額がギリギリ...」
そんなあなたに、後払いができるアプリ・サービスについて紹介しその内容を徹底解説します。
自分にあった後払いサービスを探してみてくださいね。

目次を開く▼
目次

後払いアプリ・サービス一覧

今回紹介する後払いアプリとサービスは8種類です。以下に一覧を表示します。
知名度の高いものから、最近出たばかりのサービスまで種類は豊富です。
アプリ、サービスの特徴や審査情報、支払い方法などをまとめたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

  • atone(アトネ)
  • Paidy(ペイディー)
  • バンドルカード
  • おサイフくん
  • QUICPay(クイックペイ)
  • SLiDE(スライド)
  • 後払い.com
  • 携帯キャリア決済
  • NP後払い

atone(アトネ)

atone_banner

特徴

atoneの特徴は、クレジットカードが不要な点です。
毎月の利用料金を口座引き落としコンビニ払い(Loppi/Famiポート)請求書で支払うことができます。
なので、クレジットカードを持っていない学生さんでも気軽に利用できます。
また、アプリからQRコード決済を用いて利用ができるため、
スマホ一台あれば、コンビニエンスストアでもお買い物を楽しむことができます。

ご利用の前には一度atoneが使える実店舗の目印をご確認くださいね。

審査

atoneの会員登録時に収入などにおける審査はありません。
ただし、注文ごとに与信審査があります。
与信審査の詳細は公開されていませんが、過去にatoneの支払いの滞納/遅延/未払い等があった場合に厳しくなるかもしれません。
一般的なクレジットカードもしくは同様の後払いサービスなどが利用できないなども同様の理由が考えられるので
計画的に無理のないよう活用しましょう。
また、店舗によっては利用前に本人確認書類の提出が必要になる場合があるようです。

利用限度額

atoneの利用限度額は利用実績などによって異なるようで、1ヶ月あたり最大5万円まで利用が可能なようです。
日常生活のちょっとした買い物では問題ありませんが、
大きい買い物をする時にはきちんと支払えるかなどを考える必要があるかもしれませんね。

手数料

atoneを利用した際の手数料ですが、利用月のみ請求手数料として209円(税込)がかかります。
使用した月のみなので、登録しただけで支払いが発生することはありません。
なお、口座振替の場合、請求手数料は0円(無料)のようです。

支払時期

支払い時期ですが、利用した金額の支払いは翌月払いです。
atone加盟店ごとに締めのサイクルが異なるようですので
お支払いの時期がご不安な場合は各利用店舗へ問い合わせ流のをお勧めします。

支払方法

  • 口座振替
  • コンビニ払い(Loppi/Famiポート)
  • 請求書支払い

が選べます。

なお、初期設定はコンビニ払いとなっているのでその他の支払い方法を利用したい場合は、
アプリ上での変更が必要です。

使えるお店

atoneが使える実店舗は日に日に増えており、グルメやファッション、漫画アプリや家電メーカーにも対応しています。
ぜひチェックしてみてくださいね。

atoneが使えるお店はこちら 

Paidy(ペイディー)

Paidyの特徴は、クレジットカードが不要な点です。クレジットカードを持っていない方でも手軽に利用できます。事前の会員登録も不要で、分割払いにも対応しているためとても使いやすいです。

審査

Paidyの審査方法は、注文ごとの与信審査となるようです。
過去の遅延・滞納などは利用審査に影響がある可能性が非常に高いためご利用は計画的に。

利用限度額

Paidyでは利用限度額の設定は無いようです。
ただし、利用状況に応じて利用限度額が設定されるようですので、
きちんと期日内の支払いを続けていけば利用限度額は多くなっていくのではないでしょうか。

手数料

Paidyでは、支払方法によって手数料が設定されています。詳細についてはこちらをご確認ください。

支払時期

毎月1日に前月分の支払額が確定します。その後、10日間以内に支払いを済ませましょう。

支払方法

支払方法は、コンビニ、銀行振込、口座振替といくつか用意されています。

使えるお店

Paidyが利用できる代表的はお店は次の通りです。
SHOP LIST(ショップリスト)、ラクマ、BUYMA(バイマ)、DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)、エアトリ他にも使える店は多くあるので公式サイトで確認してみて下さい。

もっと使えるお店をみる

バンドルカード

特徴

バンドルカードの一番の特徴は、visaのプリペイドカードである事です。
「ポチッとチャージ」という機能を使えば、チャージしたお金を後払いで払う事ができます。
Visaカードが使える店なら、どこでも利用可能なので多くの実店舗で利用可能です。
また、クレジットカードを作ることができない方にもオススメなサービスです。

審査

利用開始時の審査についてはセキュリティ対策および不正利用対策の観点で記載がありませんでした。
おそらく他の後払いサービスと同様一定の利用審査が行われている形でしょう。

利用限度額

「ポチッとチャージ」で利用できる金額は一回3,000円〜最大50,000円までです。
チャージの際は、利用状況に応じて審査がなされます。
50,000円までなら一ヶ月に何回でも申し込む事ができます。
限度額を使い切ってしまっても、同月内に支払いを済ませる事で、限度額は復活します。

手数料  

手数量は、金額に応じて詳しく分けられています。以下にまとめておきましたので確認してみて下さい。

  • 3,000円 〜 10,000円:500円
  • 11,000円 〜 20,000円:800円
  • 21,000円 ~ 30,000円:1,150円
  • 31,000円 ~ 40,000円:1,500円
  • 41,000円 ~ 50,000円:1,800円

 支払時期

バンドルカードの支払い時期は、翌月末までの支払いとなります。
支払い金額は、月末までにチャージした金額と手数料の合計です。
金額は、アプリからも確認する事ができます。

支払方法

支払い方法は、コンビニ、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)とコンビニでもインターネットでも支払いが出来るので便利です。

使えるお店

visaの加盟店で使う事ができるので、
実店舗、インターネット含めて数多くの店舗で使用する事ができます。

おサイフくんQUICPay(クイックペイ)

特徴

お財布くんQUICPayの特徴は、チャージが不要な点です。
後払い式電子マネーのためチャージが不当な為、
使用した分だけ支払日に後払いするだけで使えます。

審査

オンラインで入会したのちに、自宅に必要書類が届きます。
その後アプリをダウンロードすることで使用可能になります。

利用限度額

チャージ限度額が100,000円で、一度に利用できる金額は20000円です。

手数料

手数料は基本無料です。
海外利用につき手数料の変動があるようです。 

支払時期 

支払日は以下の二つから選べます。

2日払い・・・毎月5日に締切、翌月2日に引き落としです。
17日払い・・・毎月20日に締切、翌月17日に引き落としです。

支払方法

原則として、指定の銀行口座もしくは郵便口座からの一括払いです。
インターネットで手続きすると、分割払い、リボ払い、フレックスペイに変更が可能です。

使えるお店

QUICPayマークがあるお店で使用する事ができます。
特にコンビニやスーパーなどはメジャーな店なら大概使用する事ができます。 

SLiDE(スライド)

特徴

現在調査中です。

後払い.com(ドットコム)

特徴

クレジットカード情報の入力が不要で簡単審査。
面倒な登録などもほとんどなく、また高額なサービスや商品の購入時にも活用することができます。

審査

こちらも他の後払いサービスと同様、商品やサービスの購入にあたり審査があります。
審査内容は公開されていませんが、
過去の利用または支払い実績、他の後払いサービスなどでの利用実績などが考慮される可能性が高そうです。

利用限度額

他の後払いサービスだと月に5万円までなどの制限がありますが、
後払い.comの場合は上限金額の明記はされていないので、
きちんと利用実績を積み重ねていけばクレジットカードと同様の利用額まで利用できるのではないでしょうか。

手数料

手数料は次の2つの場合に掛かります。

  • 決済手数料
  • 再請求手数料
  • 振込手数料

決済手数料は後払いを利用して決済を行った際に発生するものです。
いわゆる後払いサービスの利用料ですね。

再請求手数料は期限内に支払いが行われず、
再度請求書の発送が行われた際に発生するものです。
こちらに関しては、期日内にきちんと支払いをする事が出来れば発生しません。


振込手数料はコンビニの場合発生しませんが、
銀行・郵便局からの振込の場合に手数料が発生する場合があります。
手数料の金額などの詳しい情報は、金融機関で確認しましょう。

支払時期

基本的に商品到着と同時期に請求書が発送されてきます。
期日については請求書に記載がありますが、原則購入日の翌月末となっています。

支払方法

  • 請求書支払い
  • コンビニ/銀行/郵便局/MMK設置店での支払い
  • (購入店によって異なる)後払いクレジットカード・LINE Pay請求書支払い

使えるお店

お支払い方法に「後払い.com」と記載のあるショッピングサイトやサービスであればどこでも使えます。

携帯キャリア決済

特徴

各携帯会社(キャリア)ごとにサービス内容は異なります。
主に、利用年数・年齢で利用限度額が変わります。
主要キャリアで行っているサービスなので、
利用可能店舗は他の後払いサービスと比べると圧倒的に多いです。

審査

各キャリア、サービスや商品購入時に審査があります。

利用限度額

利用限度額はキャリアごとに、以下の通りになります。

  • ドコモ:最大50,000円
  • au:最大100,000円
  • Softbank:最大100,000円

手数料

決済ごとに手数料がかかります。詳しくはお使いの通信キャリアへご確認ください。

支払時期

携帯電話料金の支払いと合わせて請求が行われます。
詳しい請求時期は携帯電話の支払い日ごとに異なりますので
お使いの通信キャリアへご確認ください。

支払方法

電話料金と一括で支払いが行われますので別途支払う手間がかかりません。
また、携帯電話料金をクレジットカードで支払っている方が増えていて、
「結局支払う額が同じならクレジットカードの番号入力するの面倒だからキャリア決済にしよう」
といった形で気軽に利用されています。

使えるお店

非常に多くの店舗やサービスで利用できます。
主にamazon、楽天市場、メルカリ、ラクマ、マツモトキヨシなどで利用できます。

NP後払い

特徴

特徴としては、ポイント固められる事が他のサービスとは違います。
加盟店が多いのも特徴です。

利用限度額

利用限度額は、50,000円(+税)です。

手数料

購入した店舗ごとに異なります。コンビニ・郵便局払いでは手数料はかかりませんが、
銀行等の金融機関を利用する場合は、手数料が発生します。

支払時期

購入した商品とともに請求書が届きます。
手元に届いてから14日以内が支払い期限です。

支払方法

次の方法で支払いが可能です。
コンビニ払い、郵便局振込、銀行振込、LINE Pay決済。

使えるお店

現在調査中です... 

まとめ

banner3

いかがでしたか?
現在、このように沢山の後払いサービスを利用することができます。
シーンや用途によって自分にあった後払いサービスを使ってみてくださいね。

著者紹介
マイまい|ミニッツマガジンライター

マイまい|ミニッツマガジンライター
(東京都生まれ、軽井沢に在住)

全国のホテル・旅館に泊まりながら旅するOL。パン作りが好きで、軽井沢を拠点にパン屋さんでも働く。これまで、100を超えるホテル・旅館に宿泊をしている経験を活かし、数々の旅行サイトでWEBライターとして働く。執筆した記事も100以上!ラグジュアリーなホテルから、民宿まで幅広く宿泊。国内のおすすめホテルを紹介するため日々、執筆に勤しみながら今日も素敵な宿泊先を予約して旅をする。

後払いでホテルを予約するなら

  • 出張の立て替えが面倒。
  • 記念日に素敵な旅館に泊まりたい
  • 急な飲み会で終電に間に合わない

そんな時は「minute(ミニッツ)」がおすすめ。
お支払いは最長翌月末で、財布いらずで簡単予約。
清潔なビジネスホテルから、老舗旅館まで。掲載ホテルは「25,000軒以上」。

関連記事