【知っておきたい】ホテルにポットってあるの?お水はどこから?

Tmpfile 1613448246

ホテルには、備え付けのポットがある場合があります。
この記事では、ホテルにポットがあるのか、またホテルでの水の調達方法などについて解説!
ホテルのポットをうまく活用できれば、コーヒーを飲んだりカップ麺などの簡単な調理をしたりと、ホテルでの時間をより充実したものにできます。
特別なホテルライフをよいものにするために、ぜひ参考にしてくださいね。

目次を開く▼
目次

ホテルの部屋にポットってあるの?

ホテルの部屋には、基本的には客室ごとに備え付けのポットがあります。

さらに、ポットのお湯で飲めるようなインスタントのお茶やコーヒー、カップやお砂糖が用意されている場合もあるでしょう。

冬場はとくに、温かい飲み物がすぐに飲めると心も体もホッと一息つけるものです。

ホテルによっては、ロビーにある売店でカップ麺やカップスープなど、お湯を入れるだけで楽しめる軽食を取り扱っている場合も。

小腹が空いたときのために、少し用意しておくと便利です。

部屋にポットがない場合、フロントに問い合わせて貸し出してもらえることもあります。

またビジネスホテルやカプセルホテルなどでは、共同スペースにポットが設置されていることもあるので、ぜひチェックしましょう。

自分専用でないのは少し不便に感じますが、コーヒーやカップ麺にお湯を注ぐ程度なら共同でも十分に使えます。

お部屋にポットがない場合でお湯を使いたいときには、共同のポットがないかフロントなどに確認してみてくださいね。

ポットの種類もいろいろあり、昔ながらの電気ポットもあれば、「ティファール」のように短時間でお湯をわかすタイプで保温はできないものもあります。

蓋がしっかり閉まるものなら安心ですが、かんたんに蓋が開いてしまうものを使う場合は、誤ってこぼしてやけどをしないように注意しましょう。

また、コードは床にたらさないようにすると、つまずいてケガをしてしまうのを防げますよ。

ポットの水はどこから調達すればいいの?

ポットには入室時から水が入っている場合と、あとで宿泊者が自分で入れる場合の2パターンがあるでしょう。

水が入っている場合、基本的には部屋のクリーニング時に入れた水なので衛生面は問題ないです。

中身の水はホテルによりますが、水道水を入れているホテルも珍しくはありません。

自分で水を入れるときに気になる水の調達方法ですが、日本のホテルなら基本的には水道からくめばOK!

ホテルに使う水は、基本的に日本の水の基準を満たしたもので検査を通過しています。

ただし、まれに「これは飲料水ではありません」の記載がある洗面台もあります。

そのような場合は飲まないでくださいね。

また、体質によって水道水が飲めない方も水道水は避けた方が無難。

ホテルの築年数によっては水道管に年季が入っている場合もあり、気持ちよく水道水が飲めるホテルばかりではないのも現状です。

水道水が飲用可能な場合でも、衛生面や味が気になる方は部屋に備え付けてある冷蔵庫にあるミネラルウォーターを使ってくださいね。

ホテルによっては有料のため、注意が必要です。

最近では、浄水器付きの水道を使っているホテルや、ホテル全体に浄水システムを取り入れ、受水槽で浄水してから各部屋に水を供給しているホテルも。

宿泊者の満足感を高めるために、安全でおいしい水は思いのほか重要です。

d浄水器や浄水システムのことが気になる場合は、予約時にチェックしておくと、より安心して水を使えますね。

ちなみに海外に宿泊する場合、水道水は飲まないのが無難。

水であたってしまうと猛烈な腹痛や下痢に襲われることになり、大切な旅行が台無しになってしまいます。

水道水が飲めるのは、おおかた日本だけだと考えておけば失敗しませんよ。

ポットがある場合でも「沸かせば大丈夫」などと油断せず、ミネラルウォーターを購入するようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

たかがポット、と思いきや、ポットが欲しくなる場面は意外と多いもの。

朝のコーヒーやスープ、紅茶など、ほっと一息つきたいときにお湯がサッと入れられると便利ですよね。

ホテルのポットを有効活用して、宿泊をより快適なものにしてくださいね。

 

後払いでホテルを予約するなら

  • 出張の立て替えが面倒。
  • 記念日に素敵な旅館に泊まりたい
  • 急な飲み会で終電に間に合わない

そんな時は「minute(ミニッツ)」がおすすめ。
お支払いは最長翌月末で、財布いらずで簡単予約。
清潔なビジネスホテルから、老舗旅館まで。掲載ホテルは「25,000軒以上」。

関連記事