【クオカードってもらっていいの?】クオカード付き宿泊プランについて徹底解説!

Tmpfile 1613448083

ここ最近、クオカード付きの宿泊プランを提供しているホテルが多く存在しています。多くの出張ビジネスマンがクオカード付き宿泊プランを利用するなど、人気があるプランの1つです。しかし会社の出張で利用した場合、クオカードはもらってしまって良いのか、会社にバレないのか良く分からない方も多いのではないでしょうか?

今回はクオカード付き宿泊プランの内容と、会社に言わずにもらってしまって良いのかどうか等についてご説明します。

目次を開く▼
目次

「クオカード付き宿泊プランとは」

まずは、クオカード付き宿泊プランの内容と仕組みを見てきましょう。

クオカード付き宿泊プランの内容

クオカード付き宿泊プランは文字通り「宿泊するとクオカードがもらえる」プランです。

クオカード付き宿泊プランでは宿泊の特典として数百円、内容によっては数千円分のクオカードをもらうことが可能です。

クオカード付き宿泊プランの仕組み

ホテルからの領収書には、クオカードのことは印字がされません。単に宿泊代とだけ記載されます。そのため領収書を受け取った会社は、宿泊代が実際はクオカード代分の割引がされていることに気が付くことができません。現在たくさんのホテル予約サイトが、クオカード付き宿泊プランを宣伝しています。またホテルによっては事前にクオカードのことは印字されない旨を、ウェブサイトに掲載しているほどです。

例えばクオカード2000円分が付いた、8000円の宿泊プランを利用するとしましょう。ホテルに宿泊代として8000円を支払い、2000円分のクオカードをもらいます。領収書には宿泊代8000円とだけ記載されているので、領収書を見た会社は実費として8000円を支払います。つまり2000円分のクオカードは、そのまま自分の懐に入るということです。そのため多くの出張ビジネスマンが、このクオカード付き宿泊プランを積極的に利用しています。

 

クオカードは誰のもの?

クオカード付き宿泊プランでもらったクオカードは、いったい誰のものになるのでしょうか?概算請求か実費請求かによって帰属者が異なります。概算請求と実費請求それぞれに分けて、内容を見て行きましょう。

 

概算請求の場合

概算請求とは、会社が出張などで利用する際の宿泊代を一律定額で支給することを指します。例えば一律で宿泊代を1万円と設定している会社の場合。ホテルの宿泊代が8000円だったとすると、1万円との差額2000円が生じます。会社は一律で1万円を支給しているため、差額の2000円は個人で受け取ってしまっても問題ありません。クオカード付き宿泊プランでも同様です。クオカードを懐に入れても、問題ありません。

 

実費請求の場合

実費請求とは、実際に支払った宿泊代の実費分だけ支給をする仕組みのことを言います。宿泊代が8000円なら8000円、1万円なら1万円の支給です。宿泊したホテルから受け取った領収書に書かれた金額を元に、会社から支払われます。クオカード付き宿泊プランの場合は、領収書に記載された金額はクオカード代込みとなっているので、受け取ったクオカードも会社に帰属するものと考えることが当然です。

 

詐欺・横領 という刑事罰を受けることも

会社が実費請求制を取っている場合、クオカード付き宿泊プランで取得したクオカードを、会社に内緒で自分のものにしてしまうことは違法行為に当たります。会社からの懲戒対象や民事上の損害賠償だけでなく、場合によっては詐欺や横領といった刑事罰を受ける可能性もありますのでご注意ください。

 

まとめ

クオカード付き宿泊プランを利用して、会社に内緒で小遣い程度にクオカードをもらおうと考えているビジネスマンも少なくありません。しかし会社が実費請求制を採用している場合は、不当請求に当たり、懲戒対象や場合によっては詐欺・横領といった刑事罰を受ける可能性があります。節約するつもりだったのに、結果として大きな代償を払うことになってしまった。そうならないためにも、前もって会社の出張規程を確認しておきましょう。もし実費請求制だった場合は、クオカード付き宿泊プランの利用は控えるのが賢明です。どうしてもクオカード付き宿泊プランを利用せざるを得ない状況の際は、事前に上司や経理担当者などに相談をしてみましょう。

後払いでホテルを予約するなら

  • 出張の立て替えが面倒。
  • 記念日に素敵な旅館に泊まりたい
  • 急な飲み会で終電に間に合わない

そんな時は「minute(ミニッツ)」がおすすめ。
お支払いは最長翌月末で、財布いらずで簡単予約。
清潔なビジネスホテルから、老舗旅館まで。掲載ホテルは「25,000軒以上」。

関連記事