【開港163周年記念 函館港まつり】カップルのデートの休憩・宿泊におすすめのホテル10選

函館の夏を彩る一大イベント「函館港まつり」。花火大会や函館港おどりとサマーカーニバルの2部構成で行われるパレード、花電車の運行や露店の出店など楽しみいっぱいでカップルのデートにおすすめ。そこで「函館港まつり」をデートするカップルにおすすめの旅館を紹介します。

目次を開く▼
目次

ラビスタ函館ベイ

世界最大の旅行口コミサイト、トリップアドバイザーで「朝食が美味しいホテル」として北海道1位に7年連続で選ばれるなど上位常連のホテル。宿泊者限定の「海鮮丼」が大人気。客室内の家具やインテリアは、大正ロマンをイメージしたレトロでロマンティックな雰囲気。最上階の温泉「海峡の湯」は源泉かけ流し。函館の夜景を眺めながらくつろぐことができます。異国情緒あふれる函館の家族旅行での滞在がより一層思い出深いものになりこと間違いなしです。

住所:北海道函館市豊川町12-6
アクセス:JR函館駅より徒歩15分

函館国際ホテル

函館のウォーターフロントに建つ老舗のシティホテル。天然温泉展望大浴場「函館汐見の湯」からは函館港と函館の町を一望することができます。北海道の食材をふんだんに使った食材も好評。オープンキッチンでシェフが目の前で作るオムレツは絶品。ステーキ丼やオリジナル海鮮丼コーナーも大人気です。4名まで宿泊できるデラックスファミリールームやコネクティングルームなど家族旅行にぴったりの部屋もあります。

住所: 北海道函館市大手町5番10号
アクセス:JR函館駅西口から徒歩約8分

HOTEL&SPA センチュリーマリーナ函館

函館朝市や金森赤レンガ倉庫にほど近い観光の拠点としてとても便利なホテル。コンセプトストーリーは、「プライベートクルージング / PRIVATE CRUSING」。最上階には函館のウォーターフロントを見渡せる天空露天風呂があります。150種類以上の品目の朝食はあまりの豊富さに何を食べるか迷うほど。家族旅行でお風呂に浸かって函館の景色を楽しんで、美味しい朝食を楽しめます。

住所: 北海道函館市大手町22番13号
アクセス:JR函館駅より徒歩5分

ラ・ジェント・ステイ函館駅前

J R 函館駅隣りに複合商業施設「ハコビバ」の中にあるホテルです。温泉大浴場とサウナを完備。客室は和・洋・クラシック・モダンをテーマにした和洋折衷の温かさと落ち着きのあるデザインで、家族旅行で日常では味わえない郷愁を感じることができます。家族旅行で家族揃ってクラシックモダンな世界観を楽しめます。

住所: 北海道 函館市若松町12-8
アクセス:JR函館駅から徒歩1分

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の予約

望楼NOGUCHI

函館の町を一望できる湯の川温泉で一番高い所にある展望露天風呂が自慢の宿。食事は地元食材にこだわった和食懐石。館内にはアーティスティックな意匠が凝らされていて、非日常を感じることができるカップル二人だけの、そして気の合った仲間同士での夏休みの旅行を楽しむことができます。

住所:北海道函館市湯川町1丁目17−22
アクセス:JR函館駅からタクシーで約15分(無料送迎あり)

HAKODATE海峡の風

コンセプトは大正ロマン・昭和レトロ・平成モダン。全室60㎡以上でカップルで寛げます。港町ならではの食材を活かした3つの食事処も自慢です。異なるタイプの2つの湯処があるのでカップルで湯浴みも楽しみです。

住所:北海道函館市湯川町1丁目18番15号
アクセス:JR函館駅から函館市電に乗車、湯の川温泉駅下車、徒歩3分

平成館 しおさい亭

全室が海に面した露天風呂付きの部屋。大海原を貸切にしたかのような特別なひと時を過ごせるプライベート感たっぷりでカップルも大満足間違いなし。食事も港町・函館ならではの旬の海の幸をカップルで楽しむことができます。

住所:北海道函館市湯川町1丁目2-37
アクセス:JR函館駅より湯の川温泉行きバスで約30分、湯の川温泉バス停下車

ホテル万惣

函館ならではの異国情緒と温泉地ならではの和文化を融合した温泉旅館。客室はシモンズ社製のベッドを使用。和と洋が織り交ざった「函館レトロモダン」の懐かしさと快適さをカップルで味わうことができます。食事は新鮮な海の幸と旬の野菜や野山の幸をふんだんに活用したビュッフェをカップルで楽しめます。

住所:北海道函館市湯川町1丁目15-3
アクセス:路面電車停留所湯の川温泉より徒歩5分

イマジンホテル&リゾート函館

目の前にオーシャンビューが広がる絶好の立地。客室のコンセプトは「ゆとりと快適」。広々とした部屋でカップルが自宅以上にくつろぐことができます。3つの自家原泉を持っていて、展望露天風呂、大浴場では源泉掛け流しの温泉をカップルで楽しむことができます。食事はワイガニやイクラをはじめとする海鮮や地元産の食材を中心とした多彩な味わいを、カジュアルなバイキングスタイルでカップルでたっぷり楽しめます。

住所:北海道函館市湯川町3丁目1-17
アクセス:函館市電終点湯の川停留所より徒歩15分

純和風旅館 一乃松

全ての客室から京風日本庭園を眺めることができる温泉旅館。ロビーから廊下まで全て畳敷き。檜の壁に湯舟と床が御影石の「檜の湯」、聚楽壁に湯舟と床が砂岩タイルの「聚楽の湯」があって男女入替でそれぞれの温泉を楽しむことができる。食事は四季折々の料理を部屋食でカップル二人だけで楽しむことができます。

住所:函館市湯川町1-3-17
アクセス:函館市電湯の川温泉電停より徒歩7分

 まとめ

日本最古のロシア正教会函館ハリストス正教会をはじめ、教会群や洋館が並に元町エリアや赤レンガの建物をショッピングモールに活用した金森赤レンガ倉庫など異エキゾチックでレトロな異国情緒あふれる美しい街並みや、箱館戦争の舞台となった日本初の西洋式星型城、五稜郭公園、「百万ドルの夜景」として知られる「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に三つ星として収録されている函館山展望台からの景観、さらに新鮮な海鮮が揃っていて、食べ歩きを楽しめる函館朝市など見どころもいっぱい。「函館港まつり」のデートのホテル選びの参考になると幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝市と見どころはつきない函館。「函館港まつり」のホテル選びの参考になると幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者紹介
マイまい|ミニッツマガジンライター

マイまい|ミニッツマガジンライター
(東京都生まれ、軽井沢に在住)

全国のホテル・旅館に泊まりながら旅するOL。パン作りが好きで、軽井沢を拠点にパン屋さんでも働く。これまで、100を超えるホテル・旅館に宿泊をしている経験を活かし、数々の旅行サイトでWEBライターとして働く。執筆した記事も100以上!ラグジュアリーなホテルから、民宿まで幅広く宿泊。国内のおすすめホテルを紹介するため日々、執筆に勤しみながら今日も素敵な宿泊先を予約して旅をする。

後払いでホテルを予約するなら

  • 出張の立て替えが面倒。
  • 記念日に素敵な旅館に泊まりたい
  • 急な飲み会で終電に間に合わない

そんな時は「minute(ミニッツ)」がおすすめ。
お支払いは最長翌月末で、財布いらずで簡単予約。
清潔なビジネスホテルから、老舗旅館まで。掲載ホテルは「25,000軒以上」。

関連記事