成田空港に併設されているカプセルホテルナインアワーズと周辺の格安ホテルどっちがいいの?その疑問を徹底解決!

Tmpfile 1613448145

「朝イチの便に乗りたいから、成田空港付近で前泊したい」「飛行機の到着が深夜だから仮眠を撮とりたい」なんて時ありますよね。とくに成田空港は、旅行や出張で利用する方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、成田空港周辺のカプセルホテルと成田空港周辺の格安ホテルを様々な視点から比較してみました。成田空港をよく利用する方や、利用する予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次を開く▼
目次

成田空港周辺にカプセルホテルってあるの?

空港周辺でホテルを探す、ということなら、いちばん楽なのは空港の敷地内にあるホテルですよね。

実は成田空港には「ナインアワーズ」というカプセルホテルが併設されているんです。

今回、このカプセルホテル「ナインアワーズ成田空港」と、成田空港周辺のホテルについて徹底比較します。

 

成田空港に併設されているカプセルホテルナインアワーズとは?

 ナインアワーズは成田空港の第2ターミナル内にあります。空港自体が東京から電車で1時間ほどかかる場所なので、飛行機の時間によっては空港で宿泊したほうが楽な場合も多そうです。

 宿泊料金は通常予約で平日1人1泊5000円~。ちなみに「9hours」というホテル名ですが、9時間の利用制限というわけではなく、チェックインは12:00から、チェックアウトは10:00までと最大22時間の利用が可能です。

休憩利用(デイユース)の料金は、最初の1時間が1500円、以降は1時間ごとに500円。たとえば4時間の休憩なら3000円で利用できます。1000円でシャワーのみの利用も可能。気軽に利用できるのも嬉しいですね。

 ホテルの中は一般的なカプセルホテルのイメージ通り、スリープポッド式です。施設内は寝間着に着替えて利用します。スーツケースなどの手荷物は全てロッカーへ。快適ですね。

空港内だけあって設備面もしっかりしていて、シャンプーやタオル、歯ブラシなどの心配はもちろん不要。ただ、基本的にシャワーを浴びて睡眠をとることに特化しているので、飲食サービスやラウンジなどはありません。また、ポッド内での飲食も禁止されています。食事は空港内の飲食店を利用しましょう。

 

 

ナインアワーズと成田空港周辺の格安ホテル、どちらがお得?その疑問を徹底解消!

 ナインアワーズがカプセルホテルとして快適に利用できることはわかりましたが、周辺のホテル事情も気になりますよね。次は空港周辺の格安ホテルをご紹介します。

料金は比べやすいように、通常予約の素泊まりシングル料金です。

 

駅近だから大荷物でも安心。|成田Uシティホテル

 JR成田駅西口にある成田Uシティホテル。駅の目の前にあるので、荷物が多くても移動が楽ですね。成田空港までは電車で1駅。無料シャトルバスも利用できます。

料金はシングルで平日5300円~。朝食付きのプランもあります。設備は少し古いですがしっかりしており、接客も丁寧と評判です。アメニティなども特別優れてはいませんが充実しています。駅の近くということで、コンビニや飲食店に困らないのも良いですね。

 ナインアワーズより料金が安いわけではありませんが、日程がしっかり決まっていればこちらに宿泊したほうがお得と言えるでしょう。

 

 送迎バス完備で早朝の飛行機でも大丈夫!|スカイハートホテル成田

 成田空港から車で15分のところにあるビジネスホテルです。空港までは無料シャトルバスがあり本数も多いのですが、駅からは離れているので注意が必要です。

料金は平日5000円~。朝食付きのプランもあります。日にちによる宿泊料金の変動が少ないので、急な出張時の利用も安心です。施設内はいかにもビジネスホテルという感じで、きれいではありませんがランドリーなど必要な設備は充実しています。

 ビジネス利用なら損はありません。ただ、ナインアワーズと比べると立地条件に差があります。周辺に飲食店などの施設が無いことも踏まえたうえで利用を考えましょう。

 

成田空港の敷地内に併設されている唯一のホテル成田エアポートレストハウス

 成田空港の敷地内にあり、さらにターミナルへの送迎バスまであるというホテルです。立地条件は抜群。客室が広めでサービスも行き届いており、旅行者への配慮が感じられます。

料金は平日8000円~と高め。朝食が無料で利用できるほか、レストランではランチやディナーも提供しています。

設備やアメニティは普通のビジネスホテルとあまり変わりません。しかし「ビジネスホテルとしては高い」というより「普通のホテルとしては安い」ということで評価が高く、ナインアワーズとは利用目的が異なると考えていいでしょう。

 金額的にお得ではありませんが、快適なサービスを求める方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

参照:https://www.apo-resthouse.com

 

グランドオープンしたばかり!インパレス成田ホテル

 2018年12月にオープンしたばかりのホテルです。空港からはJRバスで30分。宿泊予約は現在お試しプランとなっており、平日4800円で朝食付き。建物は新しくてきれいです。

ただ、JRバスの本数は少なく、送迎もないため空港からのアクセスはそれほどよくありません。また設備やサービス面で不満の声も聞かれます。オープンしたばかりなので、今後の改善に期待でしょうか。

 荷物がある状態でのバスでの移動も考えると、空港利用者が無理に宿泊する必要はなさそうです。料金は安いですが、ナインアワーズと比べてお得とはいえません。

参照:http://www.impalace.net

 

ビジネスマン向けプランも充実|成田ゲートウェイホテル

 旅行者に人気のホテルですが、ビジネス利用も可能です。成田空港と成田駅の両方にシャトルバスが出ているため、空港や駅から少し離れているもののアクセスは悪くありません。

料金は平日6000円~。ただし土曜日が10000円~と高額になるので気をつけましょう。

館内の設備はとても充実していますが、フィットネスジムや子供向けアメニティなどはビジネス利用者には無用かもしれません。夕食や朝食も旅行者向けのビュッフェなので料金はやや高めです。もちろん売店やランドリーなどは完備されていますし、広い館内でリッチにくつろげるのは嬉しいかぎり。

 格安ホテルの必要性からは若干ずれてしまいますが、ナインアワーズに比べて料金が高すぎるということもなく、利用価値は十分あります。ただ、人気のホテルのため予約が取りにくいことも。

  

まとめ

今回は成田空港内のカプセルホテルと、空港周辺の格安ホテルについて比較しました。空港から近いといっても、条件はさまざま。飛行機の時間や滞在時間に合わせて、上手に利用したいですね。また、どんな状況でも利用しやすいカプセルホテルが成田空港のターミナルにあることは、覚えておくといざという時に困らずに済みそうです。ちなみに羽田空港にも「ファーストキャビン」というカプセルホテルがあるので、こちらも覚えておくといいかもしれません。

後払いでホテルを予約するなら

  • 出張の立て替えが面倒。
  • 記念日に素敵な旅館に泊まりたい
  • 急な飲み会で終電に間に合わない

そんな時は「minute(ミニッツ)」がおすすめ。
お支払いは最長翌月末で、財布いらずで簡単予約。
清潔なビジネスホテルから、老舗旅館まで。掲載ホテルは「25,000軒以上」。

関連記事

後払いができるホテル予約サイト
『ミニッツ』からのお知らせ
10秒のユーザー登録で今すぐ使える!
今だけ300円相当のポイントを
プレゼント🎁