【一人旅】中国地方の県別、おすすめ観光スポット10選

0i9a6259isumi tp v

本州の最西端に位置する中国地方は、岡山、広島、山口、島根、鳥取の5つの県で構成されています。
各県それぞれにたくさんの魅力的なスポットがあるのですが、どこに何があるか把握している方はあまりいないかもしれません。
そこで今回は、中国地方にある観光スポットの中から一人旅におすすめなスポットを各県2か所ずつピックアップ!
それぞれの県別にスポットと魅力を紹介していきますので、「今度の観光は西の方に行きたいなぁ」とお考えの方はぜひ参考にしてプランを組んでみてくださいね。

目次を開く▼
目次

岡山のゆったりとした時間が味わえるスポット2選

まずは昔話・桃太郎のゆかりの地として有名な岡山のゆったりとした時間を過ごせる観光スポットを2か所ご紹介します。

どちらのスポットも素敵な風景が広がっているので、都会の喧騒から離れて過ごすのにピッタリです。

 

岡山後楽園

日本三名園の1つに数えられている「岡山後楽園」。

岡山藩2代藩主・池田綱政が築いた大名庭園で、国の特別名勝に指定、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは最高評価の三ツ星の評価を得ています。

岡山後楽園は池を中心とした池泉回遊式の庭園で、歴史的建造物と四季折々の景観がとても素敵なスポットです。

他の名園との明確な違いとして、岡山城を借景にしている点が挙げられますが、この風景は岡山後楽園ならではなので、ぜひ岡山城が見える位置に移動して風景を楽しんでいきたいところ。

8月中は夜間特別開園が行われ、日中とは違う幻想的な風景が見られるので、都合がつく方はそちらも見ていきましょう。

 

基本情報

アクセス:山陽自動車道「岡山」ICから車で約20分

開園時間:3/20~9/30 7:30~18:00・10/1~3/19 8:00~17:00

入園料:大人400円/高校生以下無料

住所:〒703-8257 岡山県岡山市北区後楽園1-5

電話番号:086-272-1148

 

牛窓オリーブ園

散策にもピクニックにも最適なスポット「牛窓オリーブ園」。

約10ヘクタールという広大な敷地内には約2000本のオリーブの成木が植えられており、小高い丘の上からは日本のエーゲ海とも称される素敵な景色を眺めることができます。

園内にあるオリーブショップには食用オリーブオイルやオリーブコスメなどたくさんのオリーブグッズを販売しているので、お土産などに最適。

また、建物2階にはカフェ、3階と5階には展望台があり、山頂広場とはまた違った視点で景色が見られるので、絶景ぽインをお探しの方は必見ですよ。

 

基本情報

アクセス:岡山ブルーライン「邑久」ICから車で約15分

開園時間:9:00~17:00

休園日:年中無休

入園料:無料

住所:〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1

電話番号:0869-34-2370

 

広島の自然を思う存分浴びれる癒しのスポット2選

続いては、広島県にある素敵な自然スポットを2か所ご紹介します。

どちらのスポットも、のんびりとしながら充実した時間を過ごせるので、広島観光をお考えの方は検討してみてくださいね。

 

縮景園

1620年に浅野藩の別邸として作庭された「縮景園」。

中国の有名な景勝地・西湖を模して造られたと言われる縮景園は、原爆により大打撃を受けましたが、現在は復元され、往時の姿を偲ばせています。

広島市内の中心部にありながら緑豊かな庭園は県内・県外を問わず人気が高く、四季折々の風景で訪れた人々を魅了。

季節ごとのさまざまなイベントを行い、春と秋にはライトアップも実施されるので、時期が合わせられる方はそちらも見ていくのがおすすめです。

また、広島市内の川を移動する水上タクシーが運行しており、縮景園の風景を川から眺めることもできるので、いつもとは違う角度から見たい方はそちらを利用しましょう。

 

基本情報

アクセス:JR「広島駅」から徒歩10分

開園時間:4/1~9/30 9:00~18:00・10/1~3/31 9:00~17:00

休園日:12/29~12/31

入園料:大人260円/高大学生150円/小中学生100円

住所:〒730-0014 広島県広島市中区上幟町2-11

電話番号:082-221-3620

 

神勝寺 禅と庭のミュージアム

2016年に誕生し、広島の新名所として注目を集める「神勝寺 禅と庭のミュージアム」。

さまざまな体験を通して禅とは何かを感じるために造られたスポットで、広大な敷地内には手入れの行き届いた日本庭園や移築された歴史的建造物、現代アートなどさまざまな物で楽しませてくれます。

珈琲やお抹茶がいただけるカフェやヘルシーな食事が食べられる食事処、自然に融合しているかのように感じられるお風呂など、たくさんの見どころがあるので、ゆっくりと回って落ち着いた時間を過ごしていきましょう。

 

基本情報

アクセス:山陽自動車道「福山東」ICから車で約40分

拝観時間:9:00~17:00

拝観料:大人1,200円/学生(高校生以上)900円/中学生500円/小学生以下無料

住所:〒720-0401 広島県福山市沼隈町大字上山南91

電話番号:084-988-1111

 

山口の国宝を見ることができる貴重なスポット2選

次は本州最西端にある山口県の国宝が見られる観光スポットを2か所ご紹介します。

どちらも国宝というだけあって見応えたっぷりなので、山内を訪れの際はぜひ見ていきましょう。

 

瑠璃光寺

日本三大名塔の1つに数えられ、国宝に指定されている五重塔を有する「瑠璃光寺」。

室町時代中期における優れた建造物の1つと称され、実際に現地を訪れてみるとその評価も納得できます。

五重塔の前には池が広がっており、そこから見る塔の全景はカメラ愛好家ならずともその美しさに魅了され、つい写真を撮ってしまうほどの美しさ。

春の桜や秋の紅葉シーズン、9月から10月にかけて行われるライトアップは、普段よりも素敵な景色となるので、ぜひ時期を合わせて訪れてみてくださいね。

 

基本情報

アクセス:中国自動車道「小郡」ICから車で約20分

住所:〒753-0081 山口県山口市香山町7-1

電話番号:083-922-2409

 

旧毛利家本邸・毛利氏庭園

中国地方を統治していた毛利氏の居館がある「旧毛利家本邸・毛利氏庭園」。

国の名勝に指定されているスポットで、敷地内には毛利家に伝わる美術工芸品などを展示・公開している毛利博物館もあります。

多くの国宝や重要文化財を所有しており、約2か月くらいの間隔で展示が入れ替えられるので、いつ訪れても見応えのある品々を見ることができるんです。

こちらを訪れたのなら文化財巡りだけではもったいないので、時間に余裕がある方は庭園もじっくりと眺めていきましょう。

 

基本情報

アクセス:JR山陽本線「防府駅」からバスに乗り「毛利本邸入口」下車

開館時間:9:00~17:00

休館日:庭園は年中無休

入場料:大人400円/中学生以下200円

住所:〒747-0023山口県防府市多々良1-15-1

電話番号:0835-22-4611

 

島根の歴史を連想させる遺跡を見ることができるスポット2選

次は島根県にある歴史を感じられる遺跡スポットを2か所ご紹介します。

どちらも普段なかなか見られないようなものが見られるので、ちょっと変わった観光をしたい方におすすめです。

 

荒神谷博物館、荒神谷史跡公園

弥生時代に製造された銅剣や銅鐸、銅矛が多数出土し、その出土品を多数展示している「荒神谷博物館、荒神谷史跡公園」。

荒神谷史跡公園内に、荒神谷博物館や荒神谷遺跡があり、博物館で出土品の展示や歴史を学んだり、遺跡を眺めて古代に思いを馳せたりと1スポットで複数の楽しみ方ができます。

公園内には椿や古代ハスなどの季節の花々が見られる他、春から秋にかけてはバーベキューやハイキングを楽しむ方で賑わい、年間を通して多くの方が訪れるスポットです。

博物館内にあるミュージアムショップでは他ではお目にかかりにくい古代米やハスの種、歴史書籍などを取り扱っているので、興味がある方はぜひ覗いていきましょう。

 

基本情報

アクセス:JR「出雲駅」からタクシーで約20分

開園時間:9:00~17:00

休園日:火曜日

入園料:無料(展示室は有料)

住所:〒699-0503 島根県簸川郡斐川町大字神庭873-8

電話番号:0853-72-9044(荒神谷博物館)

 

石見銀山世界遺産センター

世界遺産に認定された石見銀山の概要を知ることができる「石見銀山世界遺産センター」。

館内には石見銀山の歴史だけでなく、鉱山技術や当時の暮らしなどを模型やレプリカ、寸劇を用いて分かりやすく解説しています。

毎週水・木は丁銀づくり体験の日と題して、オリジナルキーホルダーを作る体験コーナーを行っているので、旅の記念に作ってみてはいかがでしょうか?

この他にも30㎏の銀塊インゴッドを持つ体験やミュージアムショップなども併設されているので、そちらも忘れずに見ていってください。

 

基本情報

アクセス:JR山陰本線「大田市駅」からバスに乗り「世界遺産センター」下車

開館時間:開館時間 8:30~17:30/展示室観覧時間 9:00~17:00

休館日:毎月最終火曜・年末年始

観覧料:大人300円/小中学生150円

住所:〒694-0305 島根県大田市大森町イ1597-3

電話番号:0854-89-0183

 

鳥取にある日本であまり見ない珍しい神社2選

最後は砂丘で有名な鳥取県にある全国的にも珍しい神社を2か所ご紹介します。

どちらも他のエリアでは見られない所なので、鳥取県を訪れた際にはぜひ立ち寄っていきましょう。

 

大神山神社

自然石を使った参道としては日本一の長さを誇る「大神山神社」。

鳥居をくぐってから本殿までは自然石を使った参道が約700m続き、周囲の自然の景観も相まって神聖な空気が流れています。

参道を抜けた先に御神門と御神水が湧き出る井戸があり、その先には長い石段があるのですが、天気の良い午前中の早い時間帯に訪れるととっても神秘的な光景が見られるので、早めのお出かけがおすすめ。

この御神門から石段にかけてが最も強力なパワーが授かれるパワースポットと言われており、現在大きな悩みを抱えているという方は、ぜひこちらのスポットを参拝してみてください。

 

基本情報

アクセス:米子道「米子」ICから車で約20分

住所:〒689-3514 鳥取県米子市尾高1025

電話番号:0859-27-2345

 

金持神社

名前を聞いただけでもご利益が授かれそうな「金持神社」。

(あめのとこたちのみこと)八束水臣津努命(やつかみずおみずぬのみこと)、淤美豆奴命(おみずぬのみこと)の三柱を御祭神としており、国土経営や開運、国造りの神様である天之常立尊を祀っている神社は全国でも数が少ないそうです。

こちらを参拝したことで、宝くじやギャンブルなどお金に関する運気がアップしたという方も多く、奉納されている絵馬を見ると当選者がいなさそうな高額当選報告が多く見受けられるので、何か大きな勝負をかけるときは参拝してみるのもいいかもしれませんね。

 

基本情報

アクセス:米子道「江府」ICから車で約20分

住所:〒689-4512 鳥取県日野郡日野町金持1490

電話番号:0859-72-0481

 

まとめ

中国地方の県別一人旅におすすめな観光スポットをご紹介しました。

どのエリアも素敵なスポットが多く、どこか1つに絞れと言われたら悩んでしまいますね。

今回はひとり旅におすすめ観光スポットを厳選しましたので、他の誰かに気を遣う必要もないので、気になったスポットを好きなだけ満喫し、充実した中国地方観光を楽しんでください。

後払いでホテルを予約するなら

  • 出張の立て替えが面倒。
  • 記念日に素敵な旅館に泊まりたい
  • 急な飲み会で終電に間に合わない

そんな時は「minute(ミニッツ)」がおすすめ。
お支払いは最長翌月末で、財布いらずで簡単予約。
清潔なビジネスホテルから、老舗旅館まで。掲載ホテルは「25,000軒以上」。

関連記事

後払いができるホテル予約サイト
『ミニッツ』からのお知らせ
10秒のユーザー登録で今すぐ使える!
今だけ300円相当のポイントを
プレゼント🎁