【ビジネスホテル】ツイン・ダブルのお部屋を1人で使っていいの?2人ではダメ?部屋の使い分け徹底解説!

Pixta 48026844 m

シングル・(セミ)ダブル・ツインの客室タイプの違いについて紹介をします。
主にベッドの種類に違いがありますが、知っているようで良く知らない人も多いのでは?
ダブルの部屋に2人で泊まれるのかということや2人で泊まるにはシングル・(セミ)ダブル・ツインのどのタイプの客室がお得かについても知っておくと役立つはずです。
また、具体的にベッドの広さがわからないからどのタイプにすべきなのかを決めかねているという場合にもおすすめ。

目次

ビジネスホテルのシングル・ダブル・ツインの違い

ビジネスホテルの客室タイプの違いは知っているようで良く知らない人も多いはずです。

主に定員とベッドの数・大きさで決まります。

基本的に多くのホテルではシングルは1人部屋、ダブルは2人部屋。

どちらも客室にベッドが1台しかありません。

でも、ベッドの大きさが違うので、人数が違っても快適に過ごすことができるんです。

ただし、ビジネスホテルの場合は客室が狭いこともあるのでちょっと不便さを感じる方もいるかも。

シングルとダブルの客室の間にセミダブルの広さのベッドの客室を用意しているホテルもあるってご存知でしたか?

ぜひ、そちらもチェックしましょう。

ちなみに、1つの客室にベッドが2つ設置されている客室はツインです。

 

定員

ベッドの数

ベッドの大きさ

シングル

1人

1台

シングル(幅90~100cm)

セミダブル

1~2人

1台

セミダブル(幅120~140cm)

ダブル

〜2人

1台

ダブル(幅140~150cm)

ツイン

〜2人

2台

シングル

 

上記の表の内容はベッドの種類による定員、ベッドの数、ベッドの大きさを示しています。

どこのホテルでも同じということはなく、あくまでも目安の1つ。

ホテルによって仕様が少しずつ違うこともあるので、実際に宿泊をするホテルに詳細を問い合わせる方が確実ですよ。

ホテルによってはホテルによってはお客様の満足度を上げるためにシングルやツインの客室でもセミダブルやダブルサイズのベッドを用意しているところもあります。

また、客室には定員数がありますがダブルやツインの客室に1人で泊まることも可能。

ただし、ダブルやツインに1人で宿泊をする場合も宿泊料金は通常料金です。

1人での宿泊だからと言って1室料金から半額にはなりません。

1人宿泊でも1室分の料金を払う必要があるので要注意。

でも、ホテルによってはアメニティの用意が1人分になるので安くなるプランがあるので要チェック。

広い客室に1人で宿泊をしたいときはお得なプランを探してみましょう。

ツイン・ダブルの部屋に3人で泊まっていいの?

ツインやダブルの客室に3人以上の人間が宿泊をしても良いのか疑問に感じている人もいますよね。

家族旅行や友人との旅行の場合は、3人でする場合はエキストラベッドなどを追加料金で用意してくれることもあります。

でも、ホテルによって対応の方法が違うので要相談。

3人以上の宿泊が決まった時点でホテルに相談をしましょう。

ホテルによっては、客室が狭すぎてエキストラベッドを設置することができない場合も。

そのときは違う部屋を予約しないといけないので、他の部屋を予約する必要がありますよ。

その場合は、早く動いた方がほかの客室が空いている確率が高いのであなたの希望通りになるかも!

ただし、3人目が大人でなく未就学児などの子供の場合は「添い寝」という扱いになるホテルもあります。

添い寝であれば、大人と同じベッドで一緒に寝ることができるので宿泊費用が安くなったり無料になったりする場合も多いです。

でも、子供の人数によっては対応が難しいこともあります。

基本的にベッド1台に対して子供は1人、と考えることが多いです。

子供の人数が増える場合も、早めにホテルへ連絡を入れてくださいね。

ビジネスホテルに2人で泊まる時にお得なのは?

ビジネスホテルは、客室の種類がベッドのタイプによって変わることがわかりました。

もちろん、宿泊料金も客室の種類によって変動。

宿泊料金が変わるのであれば2人で宿泊をする場合にどの客室タイプがお得になるのかも気になるはず。

単純に価格順だけで比べると「セミダブル」<「ダブル」<「ツイン」<「シングル2部屋」の順に高くなっていきます。

基本的に部屋数やベッドの数が多くなると料金は高くなる傾向。

セミダブルの客室に2人で宿泊をすることが1人当たりの料金では1番お得であると言えます。

客室もベッドもコンパクトなので夫婦やカップルにおすすめ。

反対に、あまり仲良くない人との旅であれば1番割高でもシングル2室の方が気楽でしょう。

夫婦であっても片方の体が大きいなどの理由があればダブルでなくツインの方が快適なことも。

予算も大切ですが、共に旅をする相手との関係性なども踏まえて自分が楽に過ごすことが可能な客室に決める方がおすすめ。

また、イレギュラーで特別に安いプランなどがある場合もあるのでチェックしておくことも大切です。

まとめ

シングル・(セミ)ダブル・ツインの客室タイプの違いについて紹介をしました。

具体的には、客室内のベッドの広さや数が違うことがわかりましたね。

仲のいい友達と泊まる場合などは、ダブルの客室よりもベッドが2つあるツインの客室がおすすめ。

適度な距離感がお互いに心地良いですよね。

仲の良い友達ならば夜も同じ客室でわいわい語り合いたいはず。

ビジネスの関係の人など距離がある人と宿泊をする場合はシングルタイプの客室を2部屋にした方が良いでしょう。

価格ばかり気にして同じ客室にしてしまうと窮屈な思いをして辛いだけです。

カップル・夫婦などで一緒に寝たい場合はダブルがおすすめ。

普段、一緒に寝る時間を取ることができない夫婦は旅行を活用してみましょう。

いつもと違った時間を過ごすことができるかも。

また、夫婦で仲良く一緒に寝ることができるだけでなく費用的にも1番抑えることも可能。

ほかにも、1人だけどダブルベッドの部屋に宿泊をするということもできます。

広々と過ごすことができるので意外とおすすめ。

費用の違いや相手との関係性なども踏まえてあなたに1番合うタイプの客室を選ぶようにしましょう。

後払いでホテルを予約するなら

  • 出張の立て替えが面倒。
  • 記念日に素敵な旅館に泊まりたい
  • 急な飲み会で終電に間に合わない

そんな時は「minute(ミニッツ)」がおすすめ。
お支払いは最長翌月末で、財布いらずで簡単予約。
清潔なビジネスホテルから、老舗旅館まで。掲載ホテルは「25,000軒以上」。

関連記事

後払いができるホテル予約サイト
『ミニッツ』からのお知らせ
10秒のユーザー登録で今すぐ使える!
今だけ300円相当のポイントを
プレゼント🎁
ポイント受け取りはこちらから