【北海道】絶品グルメに温泉!女子旅におすすめ「函館」観光でやりたい6つ

Miyazakihakodatedscf9933 tp v

道南NO.1の観光地と言われている函館。
世界三大夜景にも選ばれる夜景や近代日本の歴史を語る上で外せない五稜郭など、函館には魅力がいっぱい詰まっています。
今回はそんな函館にある観光スポットの中から、女子旅におすすめなスポットをピックアップしてご紹介!
魅力が多すぎてスポットを絞るのが大変ですが、特に人気があり有名なスポットを6つ厳選しましたので、函館観光をしてみたいという方は、ぜひ参考にしてプランを組んでみてくださいね。

目次

①まずはここから!函館観光には欠かせない「五稜郭」

 

1864年に江戸幕府の役所として建造された「五稜郭」。

その後、1867年に大政奉還が行われて江戸幕府が崩壊したため、役所としての業務はわずか数年で終えることになりましたが、戊辰戦争の舞台となったり、陸軍の練兵場となったりと多くの歴史が刻まれてきました。

1914年から五稜郭公園として整備されて現在に至り、堀の外周が約1800mの散策路となっているので、四季折々の風景を楽しんだり、写真撮影を楽しんだりなど、さまざまな楽しみ方ができます。

一般公開にあたって、約5000株の桜の苗木が植樹されており、北海道でも有数の桜の名所となっているので、春の桜の時期には多くの人が押し寄せ、夜桜ライトアップやお堀のボート巡りなどを楽しめますよ。

五稜郭公園に隣接するカフェでゆっくりと観光したり、五稜郭を高い所から眺められる"五稜郭タワー"も人気スポットなので、函館観光の王道スポットとも言われる五稜郭を色々な角度から楽しんでくださいね。

 

施設情報(五稜郭タワー)

営業時間:4/21~10/20 8:00~19:00・10/21~4/20 9:00~18:00・五稜星の夢期間中(冬季)9:00~19:00・1/1 6:00~19:00

休業日:年中無休

住所:〒040-0001 北海道函館市五稜郭町43-9

電話番号:0138-51-4785

アクセス:JR五稜郭駅から函館バスに乗り「五稜郭公園前入口」下車、徒歩約7分

 

②写真映えすること間違いなし!「トラピスト修道院」の並木道を散策

 

1896年に創設された日本初のカトリック男子修道院である「トラピスト修道院」。

一般社会から身を引き、祈りと労働を中心とした日々を送る修道士が暮らしている修道院で、見学は予約制ですが女人禁制の施設なので女性の方は見学することはできません。

女性が内部の見学をできないのは残念ですが、トラピスト修道院の魅力は修道院内だけでなく、周囲にもいっぱいあるんです。

修道院へと続く"ローマの道"と呼ばれる約800mのポプラ並木や、修道院裏手にはカトリックの巡礼地として有名な"ルルドの洞窟"などの見どころがあり、こちらは女性でも見学することができます。

また、修道院の駐車場にはショップが併設されていて、トラピストクッキーやバター、期間限定販売のソフトクリームがとても美味しいと評判なので、ぜひそれらを購入して味わっていきたいところ。

見学はできなくても散策だけでも十分楽しめるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

施設情報

住所:〒049-0283 北海道北斗市三ツ石392

電話番号:0138-75-2139

アクセス:道南いさりび鉄道「渡島当別駅」から徒歩約20分

 

③函館名物「ラッキーピエロ」でお腹を満たす!

地元民からはラキピやラッピの愛称で親しまれている「ラッキーピエロ」。

日本経済新聞"日経PLUS1"のご当地バーガーランキングで1位を獲得したことがあり、函館出身のロックバンド・GLAYが著書で紹介するなど、全国的にも知名度が高いお店です。

函館を中心に複数展開しているお店ですが、それぞれのお店が異なるテーマを持ってお店作りをしているので、1つとして同じ店舗はなく、同じラッキーピエロでも異なる印象を受けます。

注文を受けてから作り始めるので、いつでもできたてを食べることができるのも魅力の1つです。

1番人気は"チャイニーズチキンバーガー"なので、そちらをぜひ味わっていきたい所ですが、種類豊富なバーガーメニューに加え、ハンバーガー以外のメニューも扱っているので、色々な味を楽しむことができます。

 

店舗情報(函館駅前店)

営業時間:月~金・日10:00~0:30/土10:00~1:30

休業日:年中無休

住所:〒040-0063 北海道函館市若松町17-12 函館駅前棒二森屋本館 1階

電話番号:0138-26-8801

アクセス:JR「函館駅」から徒歩約4分

 

④「函館市旧イギリス領事館」のカフェ で優雅な昼下がりを

函館が国際貿易港として開校した1859年に建設された「函館市旧イギリス領事館」。

数回の火災で焼失したため、現在地に再建されましたが、その当時の建物も火災で焼失してしまったため、現在の建物は1913年に建設されたものとなります。

1934年には領事館としての役目を終え、その後は使用されていませんでしたが、1979年に函館市の有形文化財に指定され、1992年に復元・一般公開されるようになりました。

館内には当時の様子を再現された部屋やパネル展示、体験展示などがあり、楽しく歴史を学べる工夫がされています。

また、ミュージアムショップやカフェも内設されており、英国から取り寄せた雑貨の購入や異国情緒あふれるスペースで優雅にティータイムなんてこともできるんですよ。

特にカフェではアンティーク調の家具で統一されたオシャレな雰囲気と、まるで映画に出てくるかのような贅沢なアフタヌーンティーセットもあるので、インスタ女子にもおすすめとなっています。

 

施設情報

営業時間:4月~10月9:00~19:00 アフタヌーンティー注文時間10:00~17:00 

11月~3月9:00~17:00 アフタヌーンティー注文時間10:00~16:00

休業日:12月31日・1月1日

住所:〒040-0054 北海道函館市元町33-14 函館市旧イギリス領事館

電話番号:0138-27-8159

アクセス:函館市電「函館駅前駅」から「函館どつく前」行に乗り「末広町駅」下車、徒歩約5分

 

⑤「金森赤レンガ倉庫」でショッピングを楽しむ!

4つのエリアに約50店ものお店が集まっている「金森赤レンガ倉庫」。

"金森洋物館"、"BAYはこだて"、"函館ヒストリープラザ"、"金森ホール"の4つのエリアがあり、ジェラートで有名なお店や工場直営のビールが楽しめるお店など、多種多様なお店があるので、1スポットでたくさんの楽しみ方ができます。

それぞれのお店を覗いてショッピングやグルメを楽しむのもおすすめですが、運河を囲むように配置されている赤レンガ倉庫はとてもフォトジェニックで、お好きな角度を探しながら写真撮影をするのも楽しいスポットです。

夜にはそれぞれのお店が灯りをともし、ライトアップされた光景が広がり、日中とは違う幻想的な風景を眺めることもできます。

函館でオシャレなスポットをお探しの方は、ぜひこちらに足を運んでみてくださいね。

 

施設情報

住所:〒040-0053 北海道函館市末広町14-12

営業時間:9:30~19:00(店舗によって異なります)

休館日:年中無休

電話番号:0138-27-5530

アクセス:JR「函館駅」から市電に乗り「十字街駅」下車、徒歩約5分

 

⑥ホテルに行く前に是非寄って欲しい!「函館山の夜景」

世界三大夜景の1つに数えられ、日本夜景遺産にも認定されている「函館山の夜景」。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにも最高評価の3ツ星で紹介されており、国内外から多くの観光客で賑わっています。

街の両側を津軽海峡と函館港に囲まれているので、海の黒さと街の灯りの境目がくっきりと浮かび上がり、扇のような形に広がる地形が更に美しさを演出!

季節によって雲海や霧、漁火や雪など夜景に花を添える演出も加わるので、色々な季節の夜景を見てみたくなる魅力があります。

一番の見頃は日没後の数十分間という短い時間なので、日没の時間を調べてからお出かけするのがおすすめです。

その日の旅の締めくくりに幻想的な夜景を眺めていきましょう。

 

スポット情報

住所:函館市函館山

アクセス:JR「函館駅」から市電に乗り「十字街駅」下車、徒歩約25分

 

まとめ

女子旅におすすめな函館観光でやりたい6つのことをご紹介しました。

道南NO.1の観光地とも言われる函館にはたくさんの観光スポットや魅力があり、どこに行ったら良いのか迷ってしまいますね。

今回は、函館を訪れるのなら絶対にやっておきたいことを凝縮して紹介しましたので、今後函館を観光しようとお考えの方は、今回の記事を参考にしてプランを組み、たくさんの思い出を作りましょう。

後払いでホテルを予約するなら

  • 出張の立て替えが面倒。
  • 記念日に素敵な旅館に泊まりたい
  • 急な飲み会で終電に間に合わない

そんな時は「minute(ミニッツ)」がおすすめ。
お支払いは最長翌月末で、財布いらずで簡単予約。
清潔なビジネスホテルから、老舗旅館まで。掲載ホテルは「25,000軒以上」。

関連記事

後払いができるホテル予約サイト
『ミニッツ』からのお知らせ
10秒のユーザー登録で今すぐ使える!
今だけ300円相当のポイントを
プレゼント🎁
ポイント受け取りはこちらから